ホンダ新型フリードを、購入するために必要な手順を体験談から紹介

こんにちは、シロチワワです。

3月といえば、車を購入するのにおすすめな季節です。

私も手狭になった車を新しくしたいと思いホンダのフリードを購入しようと思い経ちました。

これから車を買う方にどのような流れで車を購入するのかという参考になればと思い今回の記事を書きました。

ぜひ、車選びの参考にしてもらえればと思います。




ホンダ新型フリードを、購入するために必要なことは

車を購入するにはどこに行けば良いのか。

今回私が直面したのは、まずこれでした。

新車を買うべきか中古車を買うべきなのか、どちらが良いのか正直分かりませんでした。

車を買い替える理由は、今回車を買い換えようと思ったのは、車検が5月に切れてしまうので、それならば新しい車を購入した方が良いのではないかと考えはじめたのがきっかけです。

合わせて現在日産のノートに乗っているのですが、もう少し大きいミニバンタイプだとスペースや6人7人と乗れて便利だと思ったのも1つです。

とはいえ、このミニバンタイプは、結構種類が多いです。

で、その中で人気の車種であるトヨタのシエンタとホンダのフリードに絞ってディーラーを当たってみることになりました。

もちろん、金額的なものも大きいです(笑)。




新車を購入するにはカーディラーに行くこと

私が車を買うのは今回で2回目。前回は、中古車だったのでディーラーに行くのは初めての体験でした。

妻とトヨタのディーラーに着くと早速営業マンが、案内をしてくれます。そして、店内で飲み物を勧められます。

ただでお茶飲めるのね(笑)と妻と感動しました。

そして早速商談のスタートするのですが、こちらの要望は、自動スライドドアと7人乗りが出来ることと、運転がしやすくてコンパクトであること、だからシエンタを見に来たと話しました。

ある程度車種も決まっていたので、カタログを見ながらすぐに見積もりについての話になります。

そこでの最初の驚きは、同じ車でもオプションの違いでいくつかの種類があるのだと初めて知りました。

例えば、自動スライドドアのついてるaタイプ、それがついてないBタイプなどこれで金額が変わるのを初めて知ります。

このことをメーカーオプションと言います。

テレビで見る価格は、こういうオプションが付いてない価格のものを出して安いと思わせているのだと初めて気づきました。

きっと普段車に興味がない人は、知らないんだろうなあと改めて感じました。きっとほとんどの方が知らない現実・・・

だから欲しいオプションをつけるとどんどん値段が上がって行き、あっと言う間に200万を超えてしまいました。

こういう商売しているのね。。。。知らなかった。

さらに、その選択肢が50~60あります。これは欲しいけどこれだけはついていないから、仕方なくあっちのオプションもつけるなんてことも、、、やっかいだ。

そして、ここから驚き2回目。ナビは別売りなんです。

だからナビやドアバイザー、さらにマットも標準装備ではないんです。知ってましたか?私は当たり前に付いているものだと思ってました。

だから追加で足す感じになります。お金掛かります。このオプションのことを、ディーラーオプションと言います。最初にタイプ。選ぶのが、メーカーオプションと言います。

簡単に説明するとメーカーオプションに関しては、あとでつけることが出来ない、車自体に関するオプションで、ディーラーオプションは後付けできる装備品になります。

知らなかったぁ。ですから、追加でナビなどをつけると、ざっと25万追加になりました。

なんかよくわからないけど、点検パックなるものもつけられます。

10万円。そして、新車だからコーティングも8万。車体価格と足すと300万になってました。。。

車の購入費用は、車体価格諸費用オプション代を合わせて、総額購入費用が出る計算になっているのです。

諸費用までは想定していたのですが、オプション代がこんなにかかるとは知らなかった妻と私。

300万は想定外。だってボクシーなどもうワンランク上の車種も視野に入る金額です。

値引きも聞いてみると決算期なので、20万までは頑張れます。

と話してくれますが、それでも280万。とりあえず、今日は切り上げたいと伝え店を後にしました。

ここまで2時間、、、めちゃ時間かかります。ディーラー恐るべし。想定外や





車を購入するためには、中古屋も見に行くべし

帰りの車の中で妻と中古車を検討してみることに、特に新車じゃなきゃいけない理由もないので、その日の夕方に中古車屋さんに行くことになりました。

こちらも車を見ているとすぐ営業マンが声を掛けて来ます。こちらのシエンタとフリードで悩んでいることを伝えて、新車も見てきたことを伝えます。

その方がいうには、新車を購入しなくても良い車には出会える事を教えてくれました。

今の車は以前と比べてしっかりしているのでそこまで壊れないし、新車と比べて値段も安く抑えられる。

物にもよりますが、2年落ち程度で200万前後で購入することが出来るとお聞きしました。

また、ディーラーと違う事は、どちらの車種でもお勧めできるところでした。

トヨタはトヨタ車を売りたいので、ホンダ車のデメリットを強調してきます。

でも、中古屋さんはそれはないので、純粋にいい点と差について説明が出来ると話されていました。

この話を聞くだけでも中古屋さんの選択肢はありだなと感じました。なんせ知識はまったくないんですから(笑)

さらに欲しいオプションがついているのを探すことも出来るから、こだわりが無ければおすすめですと言われました。

たしかに値段も50マンとか違いハイブリッドのシエンタが手に入りそうでした。たしかに安い。

たまたま、フリードがなかったので、現物を他の店舗から移動して見せてくれるとのことだったので、そういうサービスをしてくれるとのことでした。

なので、届く日曜日に約束をしてこの日は帰ることにしました。

家では中古車ありだなあと妻と2人で話しながら、とりあえず知り合いにどうしたから聞いてみようということで、車選び初日は終わりました。

1日がかりなんですね車の購入は。とても大変だと実感しました。




まとめ

次回は、この続きがどうなるのかを書いていきたいと思います。車選びは、高い買い物なので慎重になりましょう!

車を購入する際に考えなければならないのは、現在乗っている車を売ることです。

何も考えなければディーラーなど車を購入したところに売る手続きをすると思いますが、そうするとかなり安く手放すことになってしまいます。

私も10年落ちの車でしたがわずか数万円しか、下取り価格がつきませんでした。

しかし、一括査定をしたところなんと5倍に価格になりました。

車を購入する際には、合わせて今の車がいくらぐらいになるのか一括査定をしてからディーラーにいくようにしましょう!

楽天カーサービスの中古買取 / 楽天株式会社

続きはこちらです!

ホンダ新型フリードを試乗して感じた購入すべき理由









-
-, , , , , , , , , , , , ,

© 2021 セミリタイアするチワワ Powered by AFFINGER5