【初心者向け】売れる販売員の顧客・リピーターと長く付き合うための接客テクニック | セミリタイアするチワワ

【初心者向け】売れる販売員の顧客・リピーターと長く付き合うための接客テクニック





こんにちは、シロチワワです!今回は、顧客・リピーターとの関係をどう維持していくかにスポットを当てています。いざ、顧客が出来たとしてもそれをいかに維持していくかが、次の問題になってくると思います。

 

作ることができるとこの維持することがとても大変なことだとすぐに気づくことになります。特に、新人の方にはなかなか上手くできず悩む方も多いはずです。私も最初は大分悩んだ口です。その反面、センスで出来る方もいるので比較して落ち込んだりしてしまうと思います。

 

でも、最初上手くできなかった私が作ることが出来た方法を紹介します。私の教わった方法は、カリスマ店長から直に学んだ方法ですので、それをしたら、どんな方でも必ずできると思います。接客販売初心者のスタッフも半年もたたずに顧客を作ることが出来るのを実証済みです。ぜひ、参考にしてもらえればと思います。

【初心者向け】売れる販売員の顧客・リピーターと長く付き合うための接客テクニック

 

顧客さんには、あの手この手で手間を惜しまない

 

顧客が出来たら今度は維持をしていかなければなりません。ここが踏ん張りどころです。なぜなら、数回まではある程度の方はできてしまいますが、それ以上の回数になると長く付き合うという意識がないとなかなか難しいと思います。

 

そのため私たち販売員がしなければならないのは、飽きられない事とお客様との繋がりを途切れさせないという事になります。

これは、回数が増えると段々とマンネリ化して、カップルが別れるのと同じようになってしまいます。そのため、常に新鮮な驚きを感じてもらえるように努力をしなければなりません。

 

毎回接客をするたびに、新しい提案や次につながるトークお客様をグッと引き込めるようにしていかなければなりません。

よくカリスマ店長がしていたのは、何もないのに電話をしていました。電話をするイコール営業の電話だと思いますが、店長は本当に世間話をしていました。

 

不思議な感じがしますが、営業電話以外でそんなやり取りをする販売員は、ほぼいないと思いますので、お客様も新鮮に感じていたと思います。

また、ブランドから支給されるカタログ以外にお手製のカタログを作成して特別に作りました!と専用の封筒で送っていたりしました。

 

ちょっとしたことですが、やはり特別感はハンパないと思います。顧客さんが他のお店では満足行かなくなり、末永く通って頂ける理由は分かると思います。

今は手紙だけでなく、メールやLINEなどお客様と連絡を取る手段は増えたと思います。道具を駆使して、来店していただけるようにしていきましょう。店員さんと仲良くなるのは、やはり嬉しいものですから。販売員の価値はあるのだという事を、まずは自覚することも大切だと思います。

「あそこの店の店員と仲がいいんだよ」というのは、他の人に自慢できる強みになると思います。

 

リピーターさんには、最低10回はお店に来店をしてもらおう

 

ある程度顧客さんが出来てくると最低限の作り方は、理解出来てくると思います。次は、10回来店して頂けるように工夫をしていかなければなりません。

なぜ回数にこだわるかと言うと、ずっと長く顧客さんでいてくれることで、安定して売上を立てることが出来、気持ちも入り易くなり、よりお客様と絆が深まるからです。

 

販売員がそう思っていると顧客さんも同様に感じてくれていると思います。5回を過ぎたあたりからは、販売員のスキルも向上させていかなければなりません。知識であったり、しっかりと意見を伝えて上げるなど、お客様の人生相談にも乗る機会が増えて来るからです。

 

私の体験談ですが、整形して二重の手術をしたいと話してくれた顧客さんがいました。その時の私はまだ、顧客さんが出来たばかりで、その考えにそれは自由ですからねえ。と答えてしまいました。頭の中では、そんな事しなくても良いと思っていたのにもかかわらず。結果はどうだったかというと、他のお店の顧客さんになってしまいました。このトークがいけなかったのではなく、YESマンでは飽きられてしまったという事だと思います。

 

それ以来私も、はっきりと良い悪いを伝えるようにしています。販売員にここまで言われるのかと最初は、思う方がいますが、しばらくするとより信頼してくれるようになります。お客様ではありますが、生身の人間同期という事を忘れずに接客をする事を心掛ける事が大切だと思います。

 

私の上司やその店長も、ズケズケと厳しい事を言っているのをよく聞きました。側からみるとどっちがお客様か分からないぐらいに。。。でも、お客様も否な顔せずにありがとうございます。と、納得しているのでそういうやり取りに満足をしているのだと思います。ある意味、スナックのママとの会話を楽しむお客様もいるということを忘れないでください。何事も芯のある会話を心掛けていたら、必ずあなたのファンになってくれる方はいます。特に、自分の意見をはっきりいう事が出来ずらい世の中になっているので、意見を主張できる人は魅力的に映ります。

 

特別なことはそれほどなく、友人や家族のようになって行くことが良い関係を続けていける秘訣になるのだと思います。そこを目指して気持ちを込めて接客をしていきましょう。必ず気持ちは相手に伝わります。

 

まとめ

 

顧客・リピーターと長く付き合うためには、努力は必要です。でも、それは無理をしてする必要はないと思います。ごく当たり前のことや、あなたらしいことをしていくことと、相手が喜ぶことを考えてしていけばいいだけです。仕事だからと考えてできる人もいれば、仕事と考えないで出来る人もいます。どちらでも構わないと思いますが、自分らしいやり方で顧客作りを楽しいんでもらえればと思います。

 

売上売上と話してきましたが、新しい方と出会う楽しみが顧客さんを作る楽しみでもあります。私もお店を移動するときに、花束やプレゼントをいただいたりしました。ぜいひ、そうしてくれる方が1人でもできるように頑張ってください。必ず接客して良かったと思える瞬間だと思います。