ドッグフード

チワワに危険!?ドッグフードに含まれる4Dミートを徹底解説

4Dミートという言葉をご存じですか。


4Dミートはもしかしたら、愛犬のドッグフードに含まれている可能性がある原材料です。


ドッグフードの原材料は、そんなに気にしていないという方は、注意が必要です。

 

この4Dミートは、ペットフードに含まれる肉副産物の事を指します。

 

実際に海外では4Dミートが原因での死亡例も報告をされており、愛犬の健康に悪影響を与えてしまうかもしれません。

 

はてな

4Dミートを初めて聞いた方
4Dミートについて詳しく知りたい方
4Dミートとドッグフードに含まれる理由
4Dミートを避けるための注意点
愛犬に安心できるフードを与えたい方


このような悩みや疑問を持つ方に向けての記事になります。


今はたくさんのドッグフードがあり、その中からどんなものを選べば良いか迷うと思います。


できれば、安くて健康に配慮したドッグフードを選びたい方がほとんどのはずです。

 

私もみなさんと同じで愛犬のチワワに安心できるフードを食べさせたいと思い、色々と勉強しました。


今回の記事は、安心できるフードの選び方の参考になると思いますので、ご存じのない方や興味がある方にぜひ、読んでもらえたらと思います。


きっと愛犬の健康にプラスの内容になると思います。

ドッグフードに含まれる4Dミートはどんなもの


4Dミートとは市販のドッグフードだけでなく、キャットフードにも多く使用をされています。


しかし、原材料を見ても4Dミートとは記載がありません。


それもそのはず、4Dミートは正式な名称ではありません。


ですから、知らずに愛犬に与えてしまっている可能性があります。


4Dミートの4つの『D』のそれぞれの意味

 

4Dは、Dで始まる4つの英単語を省略したものです。

注意ポイント

Dead animals:屠殺以外で死亡した動物の肉
Dying animals:瀕死の動物の肉
Diseased animals:病気のある動物の肉
Disabled animals:身体障害のある動物の肉


内容を見るだけで決して良い肉ではないことがパッと見で分かってしまいますね。


つまり通常であれば、食肉加工をされる家畜とは違い、動物保護施設で安楽死された動物、車にはねられて死亡した野生動物などが含まれています。

そして、それらの動物の羽や被毛だけでなく骨や内臓、排泄物まで関係なく使用されます。

 

これらを、食肉加工の過程で出た肉の副産物(内臓、脳、血液、骨、脂肪などの不可食部位)動物性油脂を精製するレンダリング業者が一緒に回収します。※レンダリングについては、後述。


そして、油脂を搾り取り、残った肉粉や肉骨粉に加工し、有機肥料や家畜やペットフードの飼料として利用をされます。


つまり、ドッグフードは食肉の捨てる部分と動物の死体が混ざっているものがあるという可能性があります。


4Dミートはどうやって作られるのか

レンダリングとは、アメリカの食肉加工業からきた言葉で、脂肪を溶かし精製して油脂にするという意味です。

引用:日本畜産副産物協会

その加工の工程で、食用にできない家畜の肉や脂肪、内臓や骨などの肉副産物から食用油脂(牛脂やラード、マーガリン、ショートニング)や工業用油脂(石けん、ゴム添加剤など)へ加工し搾りかすである肉副産物(肉骨粉など)は家畜の飼料やペットフード、養魚用の飼料や有機栽培の肥料に利用されます。

 


もちろん、先ほどの死亡した動物も含まれます。

 

このような順序で加工をされているのですが、ここまで解説してくるとレンダリングに対して良いイメージを持ちにくいかもしれませんが、このレンダリング産業があることで、食肉加工で出来た未使用の資源を様々なものへリサイクルするという非常に大きな役割をになっています。

 

 

とても重要な役割であることは、こちらの表でもよくわかると思います。

 

参考画像:日本畜産副産物協会

 

4Dミートが危険な理由

このようにして作られる4Dミートですが、もちろん人間用の食べ物として利用されることはありません。


これだけでも愛犬に与えても大丈夫なのかということに疑問を感じませんか。

 

実際にアメリカでは、4Dミートの影響による死亡例があります。


ドッグレースに出場するグレイハウンドに生の4Dミートをコスト削減で与えた結果、死亡例や多数の犬が病気を発症することになりました。


これには、病気の動物に投与した抗生物質や抗がん剤、ステロイドなどの薬剤、また、安楽死のために使用した薬剤が中和されることもなく残留した可能性があります。


そのため、アメリカでは生の4Dミートが動物に潜在的な健康被害をもたらす可能性があると食品医薬品局が発表をしています。

 

とはいえ、4Dミートが家畜やペットに有害かどうかは分かっていません。

 

そのため、家畜の飼料やペットフードとして利用をされている現状があるからです。


しかし、病気や死亡例もあり健康に対して影響がある可能性があるものは、飼い主としては避ける必要があるのではないかと思います。

 

4Dミートは原材料表に記載はされていない

しかし、ドッグフードの原材料を確認しても4Dミートとは記載がされていません。

 

ですから、非常に注意が必要です。

 

では、どのようなものを注意すべきかと言うと、ミートミールやチキンミールなどのミールと肉副産物が4Dミートではないかと言われています。

 

実際は、分かりませんがその可能性は排除できないといったところです。

 

また、『肉類』『鳥類』などの、何の肉か明記されていないものは、避けたほうが良いと言えるのではないでしょうか。

 

自信をもって表示や明記ができるということは、ペットフード業者のこだわりが出るポイントでもあるといえます。

 

そして、危険なフードを避けるポイントでもあります。

 

なぜか4Dミートがドッグフードに含まれる理由

  
ここまでの内容で4Dミートは危険だと誰もが思うはずですが、なぜペットフードに利用をされるかというと単純にフードの値段を安くするためです。

やはり○○産のチキンを使用したものは、必然的に価格は高くなってしまいます。

 

であれば、少しでもコストを削減して商品の値段を安くした方が、企業側としても利益が残るということになるのだと思います。


ですから、激安なドッグフードにはこの4Dミートが含まれている可能性が高いため注意が必要ですね。

 

この話を聞くと、人間用としては、使えないものですがペットには大丈夫とは飼い主としては素直に思えないですよね。

 

 

同様に添加物も同じ理由で使われることが多いです。

チワワに与えるドッグフードに含まれる危険な添加物について解説

 

4Dミートを避けたフードを選ぶ際の4つの注意点


飼い主がフードに対して学ぶことが大切


まずは、飼い主が愛犬のフードに対しての知識を付けるということだと思います。
  

ドッグフードには、4Dミート以外にも様々な注意するものがあります。

 

それに対してしっかりと知識を付けて選択する必要があります。

 

ですから、費用的に安いからと言って、原材料を確認せずドッグフードを選択するのはよくありません。
  

 

愛犬に長生きしてほしいと思ている飼い主さんがほとんどだと思います。
  

 

わが子のように思うのであれば、飼い主としてしっかりと知識を付ける責任があるはずです。 


原材料の確認


品質の良いドッグフードを選ぶには、まずは『牛肉』『豚肉』などしっかりと、何の肉か明記されたものを選択するようにしましょう。

 


原材料表記があいまいな『肉類』などの何の肉を使用しているか分からないものは避けるようにしてください。

 


4Dミートやミールだけでなく、着色料や保存料などの食品添加物も一緒に避ける必要があります。

 

チワワに与えるドッグフードに含まれる危険な添加物について解説

 

 

先ほども書きましたが、4Dミートが愛犬の健康に影響があるかは分かっていません。

 


しかし、動物の基準で与えられる食品でなく、人間の基準で管理されたものであれば安心度は確実に違います。

 


コスト目線ではなく、健康に配慮してものを選ぶようにしてください。

 

今回のように注意すべきものについては、随時記事にしていきたいと思いますので、参考にしてもらえればと思います。


ドッグフードを販売する会社の情報を確認


しっかりと4Dミートや食品添加物を使用していないなど、ホームページに明記や生産過程を記載しているなど安心安全をしっかりとうたっている会社の商品を選ぶようにしましょう。

 

ペットブームとともに非常に多くのドッグフードが溢れています。


どれを選択したら良いのか迷ってしまいますが、飼い主としてしっかりと愛犬のフードは選ぶようにしてください。

 

安いドッグフードは避ける

 


ペットフードの安全法が2009年に施行され、国産・輸入品ともに原材料表示が義務付けられました。


しかし、4Dミートを原材料として表示されていないため、法律で取り締まることはできません。

 

さらにペットフードの基準で加工をすることができるため、コストダウンするために 4Dミートや人口添加物や保存料などを大量に使用することができます。

 

その結果、価格が安く、さらに保存期間が長いドッグフードを作ることも可能になります。

 

もちろん、企業としては法律を犯しているわけではないので問題はありませんが、飼い主としてそのようなドッグフードを選択することが正しいでしょうか。

 

ドッグフードは、愛犬の空腹を満たすものだけではありません。

 

健康で幸せな生活を送るための基礎となるべきものだと思います。


ですから、愛犬の健康を考えてしっかりとドッグフード選ばなければいけないと思います。

 

まとめ

今回は、4Dミートについて書いてきましたが、ポイントをまとめると、


ポイント

4Dミートは健康に影響を与えるか分かっていないが、避けた方が良い

ドッグフードメーカーの情報を確認して原材料や製造工程を確認する

安いドッグフードを避ける

飼い主がドッグフードの知識を付けて危険な原材料があることを理解する


このような結論になります。


愛犬の健康を考えてドッグフードを選べるのは、飼い主である私達しかいません。


ペットを飼うということは、簡単にできますが、それと合わせて命を預かっているということを忘れてはいけないと思います。


それには、普段からしっかりと知識を付けて、危険なものを理解して健康に配慮したものを選ぶようにしていく必要があります。


そうすることで愛犬との楽しい生活が長く続いていくのではないかと僕は思っています。


今回の記事が参考になればうれしいです。


どんなドッグフードが良いのか参考になる記事をまとめましたので、フード選びで迷っている方は参考にしてもらえればと思います。


愛犬との楽しい生活を続けるために最低限の知識を付けていきましょう!

 

関連記事です。

 

フードで迷ったらこちらの記事を参考にしてみてください。実際に試した記事になります。

【最新2021年版】チワワのドッグフードおすすめ7選の体験談を紹介

 

関連記事
【最新2021年版】チワワのドッグフードおすすめ9選のレビューを紹介

96   私も飼っているチワワですが、日本では人気ランキングの上位の常連の犬です。     ですから、Twitterなど見てもたくさんの方がチワワを飼っているんだなあと実感します。     しかし、超 ...

続きを見る

 

 

愛犬の健康に気を付けるならヤギミルクもおすすめです。

犬にはヤギミルクがおすすめ!効果がある理由を3つ紹介!

関連記事
犬にはヤギミルクがおすすめ!効果がある理由を3つ紹介!

ヤギミルク(ゴートミルク)が、犬に良いと言われていますが、どんな点が良いのかよく分かりませんよね。 牛乳が良いと私たちも飲んでいるので、なんとなくその感じで犬や猫に飲ませると健康に良さそうと思ってしま ...

続きを見る

 

 

-ドッグフード
-, , , , ,

© 2021 セミリタイアするチワワ Powered by AFFINGER5