初心者のアパレル販売員向け 接客力

【初心者向け】接客販売の際の落ち込んだ気持ちのリセットで売上を上げる

接客をしていると売れないスランプに落ち込むことがあります。

 

もうこれは、逃れられない宿命みたいなものです(笑)誰にでも来てしまいますので、どう付き合うかが大切だと思います。

 

もちろん、私にもしょっちゅう訪れていました。

 

実は、そんなときにどうそれと向き合うかで、売上は大きく左右されてしまいます。

はてな

今、スランプで売上が取れなくて悩んでいる方

スランプの上手い過ごし方を知りたい方

販売員のスランプとの上手な付き合い方を知りたい方

というような悩みを抱えている方に向けて記事を書いています。

 

今は、私も全国で売上2位のカリスマ販売員でしたが、それでも売れないなあと思うときもあります。

 

そんな時に今回の記事に書いてあるようなことをして、スランプと向き合うようにしています。

 

どんな方にも必ず訪れるものなので過ごし方は難しいと思います。

 

特に新人さんは悩んでしまいますよね。

 

 

今回は、そんなスランプとの向き合い方について書いてみたいと思います。

 

ベテラン、新人関係ないのでぜひ、興味がある方は読んでいってください。


売れる販売員誰でも身に付く5つの法則





【初心者向け】接客販売の際の落ち込んだ気持ちのリセットで売上を上げる

アパレル販売員の販売時の気持ちの切り替え方

 

接客をして毎回売上につながる接客になるとは限りません。

 

むしろ振られる確率の方が高いと思います。

 

必ず売れる人を接客出来るとは限らないため、販売員自体の気分の上がり下がりがをコントロールすることがとても大切になって来ます。

 

なぜなら接客は気持ちの面で大きく売上が左右されるため、気持ちのコントロールが出来ないと売上を取ることは難しくなります。

 

つまり売れないとイライラした状態や売りたいという気持ちが前に出てしまい、それがお客様に伝わってより売れなくなってしまうことにつながります。

 

特に自分以外のスタッフが売れているときは、よりペースを乱されやすくなります。

 

そんな時に自分の気持ちをリセット出来る方法を知っておくことで、このスパイラルに歯止めをかけることが出来ます。

 

ちなみに私は、トイレに行くという事を気持ちのリセットにしていました。

 

1人になって落ち着いて冷静な気持ちを取り戻すには、非常に良い場所でした。

 

もちろん、私のやり方を真似をしても良いのですが、新人の頃によく言われたのが、調子が悪ければ買い物でもしてリラックスして来いと言われました。

 

特殊な業務なので思いっきりリセットという意味で、こういう事をする先輩も良くいましたし、ご飯や休憩をしに行ったりする方も非常に多かったです。

 

1人で店頭に立つ売り場だとなかなか難しいですが、そうでなければ思い切ったリセットもありだと思います。

 

要は、帰って来て売れれば問題は無いのです。

 

無駄に店頭に立って売れないよりは、他の人に立ってもらって売上を取ってもらった方がお店にとってもプラスになります。

 

この辺りの割り切りも必要なんだと思います。

 

とはいえ、土日はこうはいかないので、やはり何かしらのリセットが必要だと思います。

 

ストレッチや深呼吸でも良いと思います。

 

自分らしいリセットを是非見つけて下さい。




販売していて売れないと思ったらスランプに落ちた時こそ、顧客さんを呼んで勘を取り戻す

 

販売員をしていると売れない時期というものがやって来ます。なんか調子が悪いなあという時期です。

 

これは、ベテランになっても関係なくやってきます。

 

こんな時にどうしたら良いかというと、顧客さんを呼んで勘を取り戻すという事です。

 

顧客さんが来ると自然といつものような接客が出来るようになってきます。

 

もちろん、気持ちの面でも上がりますし、売上も取ることができるので非常に精神的に落ち着くことが出来ます。

 

顧客さんがいない場合は、毎日が勝負になってしまうのでやはり、精神的に疲弊してしまいがちです。

 

あなただけでなくいっしょに働くスタッフも売上の取り合いになってしまうので同様な気持ちになってしまうと思います。

 

顧客を作るのは面倒だから作らないという方もいますが、そんな方はぜひ、私が書いた著者最強の顧客術を読んで下さい。

 

顧客さんを作ることが販売員に取ってどれだけ大事で、楽に売上を取ることが出来るか分かっていただけると思います。

 

販売員にとって、フリーのお客様に売る販売力と顧客力は、販売員の両輪だと思います。

 

どちらが欠けても、売れる販売員にはなれません。ですから、このどちらも習得出来るようにして販売員の楽しさを味わってください。

 

この2つが出来るとどんな店でも、怖くなくなります。意識だけで誰でも向上させることができるのでぜひ、学ぶようにしましょう。

 

アパレル販売員で、販売力がある人とは、接客力と顧客力がある人です。

 




売れる流れを引き寄せる少額でもいいので売り上げを上げる

 

もう1つは、なんでも良いので売上を取るという事です。

 

本来たくさん売りたいと思いますが、現状調子が悪いのであれば、1点でも良いので売るということに集中しで下さい。

 

この1点でも売れると不思議と流れが変わってきます。

 

これは、スポーツでも良くあることだと思いますが肩の力が抜けるということだと私は思っています。

 

つまり、1点売れたことでリラックス出来て普通の接客が出来る状態になるということです。

 

朝調子が悪かったのに終わってみたら1番売上が取れていたなんてことは結構あります。

 

販売とはこういう流れを掴めたら、一気に売上を伸ばすことができるので、ある意味そこが面白い仕事でもあると思います。

 

ですから、1点売れるということはリセット効果も十分にあるのでまずは、1点と思って接客をしてみてください。

 

今まで話していたことは、ある程度経験のある販売員でも、起こり得ることだと思います。

 

新人さんは、スキルが足りないので精神面で落ち込んでしまうと一気に売り上げを取ることが難しくなってきます。

 

ですから、自分の現在の精神状態が、調子が悪いイライラしている、普段と違うなどどういう状態か把握するだけでも、接客に向かう姿勢は違ってくると思いますので、まずは意識するという事を心掛けるといいと思います。

 

人間だれしもいつも平常心で仕事に向かう事が出来る人は少ないと思います。

 

何かしらプライベートの悩みや、体調的な不具合など起こるものです。

 

どんな状態でも浮き沈みが少ないようにコントロールする事ができると、安定して売り上げを取っていけると思います。

 

そして、これは難しい事ではなく誰でもコントロールする事ができることなのです。

 

まとめ

 

いかがでしたか、今回の記事は。この浮き沈みに対しては上手く付き合っていくしかないとと思っています。

 

私だけでなく、一緒に働いたことのある先輩後輩関係なくそんな現場をみてきました。

 

みなそれぞれ向き合い方は違いましたし、負けてしまう人も、すぐに自信を降り戻す人もいました。

 

なかなか強い精神力を持てる人は少ないので、だれでもコントロールを意識すると良いと思います。

【売れる販売員】カリスマ販売員が接客時に心掛けている接客のコツは気持ちをリセットする事だ


売れる販売員誰でも身に付く5つの法則


「あなたから買いたい」と思わせるカリスマ販売員最強の顧客術 (MMD出版)




-初心者のアパレル販売員向け, 接客力
-, , , , , , , , ,

© 2021 セミリタイアするチワワ Powered by AFFINGER5