Panasonic電動アシスト自転車【ギュット・ミニ・DX】を購入しての感想 | セミリタイアするチワワ

Panasonic電動アシスト自転車【ギュット・ミニ・DX】を購入しての感想





こんにちは、シロチワワです!とうとう購入しました。電動自転車。毎日の子供の保育園への送り迎えの強い味方ですよね。今回は、はじめて購入した電動自転車の乗り心地や購入しての感想をレビューしてみたいと思います。

私は、ロードバイクにも乗っているので、最近はほとんど駅と家の往復でツーリングはしていないのですが(笑)

では、早速感想を書いてみたいと思います。


PANASONIC(パナソニック)2018年モデル ギュット・ミニ・KD カラー:マットブラック BE-ELM032-B 20インチ 専用充電器付

Panasonic電動アシスト自転車【ギュット・ミニ・DX】を購入しての感想

電動アシスト自転車は、感動する乗り心地

 

早速乗ってみての感想ですが、めちゃくちゃペダルが軽いです!むしろ、自転車を漕いでいる感覚は全くないぐらいです!今までの自転車の概念が変わります!ロードバイクに乗った時もスーと動くのですが、キューンと勝手に進む感覚です。これは凄い!

全体像はこんな感じですが、全体的にコンパクトな作りで乗る際に足を高く上げなくてよい作りになっています。

アシスト機能の切り替えは、左ハンドルの付け根にあるこちらのセンサーを押すことで簡単に切り替えることが出来ます。運転しながら指で切り替えることが出来る作りなっているので、急な坂道や必要な時に自分のタイミングで切り替えれるのが非常に便利です。

 

緑のランプが点灯していますが、こちらはエコモードだそうです。通常だと電気をセーブしないで一定の割合で電気が減っていくそうですが、このエコモードが点灯している時は勝手に電気をセーブしてくれるそうです。なんて賢い機能なんだ。その代りパワーダウンもしてしまうので、どう使うかは乗り手しだいといった感じだそうです。販売員の方が言っていました。

右ハンドルには通常のギアチェンジ機能がついています。こちらは、3段階あるので坂道や高速走行する際に調整をしてみてください。グリップを回せば数字が切り替わるようになっています。先ほど説明したセンサーと組み合わせると9通りの走り方が出来ます。アシスト機能を使わない選択肢もあるので12通りですね。

バッテリーは鍵付きで取り外しができるようになっています。いたずらや盗難されることもあるそうなので、こちらはしっかりと管理をしておいてくださいと言われました。それと、バッテリーの寿命ですが大体5年程度を目安に交換になるそうです。ボタンを押せば残りの充電量も赤いメモリで表示してくれます。まあ、あまり使用はしないと思いますが。ハイテクな感じでいいですね。

鍵は普通の自転車とそんなに変わらない感じの定番な形になっています。オレンジのポッチを押しながらでないとロックが掛からない仕組みになっています。鍵も蹴って壊れない頑丈な作りになっていますね。よく壊されたりする場所なんですよね。ちなみ後ろのランプは自動で転倒します。暗くなっても反射板だけということはなく、失火点滅してくれるので夜道も安心でした。手動でランプがつく感じではなかったのでこれは良い機能ですね。

荷台は、2人目が出来た際にチャイルドシートを乗せる荷台に変更が可能だそうです。その時は、再度自転車屋さんにもっていって工事をしてもらわないといけないですが、数万円かかるみたいです。必要経費とはいえこの辺りは結構出費がいたそうです。

自転車を立てるスタンドですが、こちらは立てた段階でロックが自動で掛かる優れものです!不意にロックが外れることもないので、転倒防止になって凄く便利だと思いました。子供が暴れるとつい外れたりする怖さがあったのですがそれがないだけで安心感が違いますね。合わせてスタンドを立てると、ハンドル回りも固定されます。ですから、子供を乗せる際にハンドルが右に左に動いて乗せ難かったり、またベルトを締める前に落ちるなどの心配をしなくていいのも非常に良かったです。最近の自転車は良く考えられているなあと思いました。

さて、チャイルドシートですが全体像はこんな感じです。手を添えるバーもあり、上下に回転するので足を固定したりするように使用してもいいかもしれません。もちろん、オプションで雨用カバーなども設置可能です。どうせ買うので一緒に購入をおすすめです。うちもまとめて購入をしました。

少し中について説明をしますね。まず、シートベルトですが、赤いボタンを押すとロックが解除できノブを回すことが出来るようになります。ノブを回すとシートベルトを伸ばすことができるようになります。

びよーんとこんな感じにシートベルトが伸びます。そして、ベルトの先の赤い部分を穴に差し込めばシートベルトを締めることが出来ます。

さらに、合わせて背もたれもこのボタンを押すと伸びます。身長が伸びても安心ですね。運転していても視界を遮らないので、運転に支障はありません。よく計算されていますよね。

引っ張り出すといった感じです。背もたれはクッション性もあるので乗り心地は良さそうです。

そして、足置きですが成長に合わせて少し長くなるように設計をされています。こちらも、シート内にあるノブを回してもらえれば、足が伸びるように設計されています。子供が成長してもすぐに荷台を購入しなくていいので安心です。これで窮屈な感じで座ってもらうこともないので快適な乗り心地になると思います。うちの子は、このおかげで電動自転車を気に入りなかなか降りてくれなくなりました(笑)別の意味で大変ですが。。。

さて、子供が手で持つ持ち手ですが、左右に画像のノブがついているのでこちらを回転してもらえれば、持ち手が回転する仕組みになっています。ちなみに左右両方のロックを解除しないと持ち手は回転しないので、誤作動予防はしっかりと計算されています。子供がいたずらしても安心ですね。

まとめ

今回はPanasonic電動アシスト自転車【ギュット・ミニ・DX】を購入しての感想を書いてみました。初めて電動自転車を購入したのですが、まずは驚きの連続でした。自転車というよりは、別の乗り物といったほうがいいと思います。それと、子供を乗せるためにかなりの細部にわたって考えられているなあと感じました。安全対策もしっかりしており、もし転倒した場合でも最小限の怪我で済むかもしくは、怪我をしないようなつくりだと思いました。

 

ただその分高価になってしまい購入を私もためらっていたのですが、毎日の送り迎えなどを考えると早く購入したらよかったと思いました。特に最近は抱っこひもの使用した死亡事故が起きたりしています。また、電動付きでない自転車で無理に運転をしている方もいます。何か事故が起こる前に安心して子供を送り迎えできる電動自転車を購入することをおすすめします。事故があってからだと正直遅いので、安心をまずは重視したらいいのではないかと思います。