ニュース

レーダー照射した韓国が日本へ謝罪要求。日本政府は毅然とした対応を取れるのか





年末から騒がせているレーダー照射問題で、韓国が日本に謝罪を要求してきている。

 

このニュースを見たときに凄く斜め上の要求たと思ったが、色々と考えさせられる件だと思いました。

個人的に日本に何が足りないのかなど、考えていきたいと思います。

 

レーダー照射した韓国が日本へ謝罪要求。日本政府は毅然とした対応を取れるのか

韓国駆逐艦による自衛隊機への火器管制レーダー照射事件の概要

 

12/20

日本の能登半島沖の排他的経済水域内で、韓国の駆逐艦から自衛隊のP1-C哨戒機が

火器管制レーダー照射を複数回数分間に渡って受けた。火器管制レーダーを照射することは、ロックオンした状態となり、あとは発射ボタンを押すだけでミサイルを発射出来る非常に危険な行為になります。分かる通り通常は、危険が伴う行為のため絶対に行わないのがルールになっています。

一応同盟国ではないにしろ、普通の隣国に対してこのような行為をすることは考えられない暴挙であると思います。

 

国際的にみても、このレーダー照射を受けた段階で反撃しても、国際法上問題はないというのが一般的な考えだそうです。

 ある意味敵対国でなければ普通は、考えられない行為であるということが分かると思います。

 

では、なぜ韓国の、駆逐艦はこのような行為をしたのでしょうか。

 

韓国がレーダー照射に至った理由は何が原因なのか?

 

韓国側の発言や自衛隊が発表した動画から、北朝鮮船の救助等を行っていたと思われます。最初は、火器管制レーダーを使って探していたとか、あり得ない言い訳をしてましたが、、、そもそも海上にいる北朝鮮の漁船が空を飛ぶことがないので、空にレーダーを照射する意味がないですよね。めちゃくちゃな言い訳(笑)

 

北朝鮮船の救助か何かをしていたのは、動画から確かなようです。

 

そこへ、日本の飛行機が周辺を飛び回り調査をしていたのをうっとうしく思ったため、もしくは知られたくないものがあったかなどの理由で嫌がらせの為、レーダーを照射して追い払ったと見るのが普通だと思います。ちなみに自国内に異変があれば、確認するのはどの国でも行っている通常行為です。自衛隊機もそのような認識で

偵察活動を行っていたのでしょう。

 

最近北朝鮮の漁船が、日本に漂着してますが、それを日常的に韓国が助けていたのではないかとも言われていますね。何か違法なものを取引していたなどのうわさも、

あるみたいですが、、、詳細は、以前闇の中ですね。

 

ただ言えることは、韓国は反日教育を実施しており、日本には何をしても許されるという気持ちがあり、今回のような行為を行わせる下地になっているのは

間違いがないと思います。北朝鮮が攻めてきたらどうしますか?という質問に日本を攻撃するという答えをするぐらいですから、、、、

 

実際に、2014年中国軍機から海自艦がレーダー照射を、受けて問題になったことがあり、ある意味それを真似たとも言えますね。

 ただ同盟国ではないにしろ、友好国、、、敵対国でない日本に対して普通はするか?という行為ではあると思います。




なぜ韓国は、ありえない言い訳をしてまで謝罪を頑なにしないのか?

 

証拠があれば、見せてみろと強気だった韓国ですが、いざ見せてみるとなぜ見せたんだと怒りはじめます。裏でなんとか収めたかったのでしょうが、

そのレベルの話ではないということで、日本政府が公開に踏み切ったわけです。まあ、これは当然ですよね!

 

しかし、動画については、データとしては証拠にならないという始末。今後日本側がいかなるデータや動画を発表しても、この対応は変わらないと思います。ある意味清々しいとすら思います。韓国の国民はこの韓国政府の発表に違和感を持たないのでしょうか?

 

さらに、なんの反論にもならないCG動画を、作成して反論すると発表しています。これは、日本人の感覚からしたらちょっと考えられない行為ですが、対応としてはある意味すごいと思います。

※1/4にアップされました。こちらは、ユーチューブにも出ています。ので興味がある方は、見てみてください。酷いPVです(笑)

 

とにかく、極東の2つの国のいざこざに対して、世界中の人はそこまで注目はしていないのが、普通です。私たち日本人も例えば、ヨーロッパの情報なんてほぼ知らないと思います。

 

だから、なんとなくどっちが正しいか分からないと思います。声が大きい方が正しいとなるのが普通です。本当に正しいかどうかは、そんなに問題ではないのです。

 ある意味韓国の対応は非常に上手いと思うのです。日本に対して外国が悪くなっても良いと考えているもしくは、最終的に日本側が折れるという下地があるから、ここまでできるのだと思います。論点をすり替えて、自分たちは被害者だと世界に発信するそして、何が物事の本質だったか一般の人は分からなくなります。

 

ここを狙って工作をしかけてくるのは、もはや伝統芸能と言える域だと思います。そして、毎回日本は折れる感じになっています。

 

いつも思いますが、日本舐められ過ぎですねえ。日本側がの対応が生ぬるいからいけないのですが。大人の対応と言っていますが、これは甘いの一言だと思います。

 普通の国だとすぐに、制裁を発動しているともいます。この辺りは、中国を見習いたいですよ。すぐに人質を取るという行動が出来るのは、

ある意味その行動力は日本もまねるべきだと思います。

 

だから、お互いの水掛け論に、持っていけば当事者同士や詳しい人以外は、どっちが正しいか分からなくなる。一般の人なんてそこまで注目しないもんですよ。

 そこを狙っているのはさすがだなあと、思います。色々と信用は失いますが、強気でいれる理由はここにあるかなあと思います。





 

日本はどのような制裁をしたらいいのか

 

遺憾に思う。などの遺憾砲ばかりで実行の伴った行動をしないのが、日本外交の最も強烈な攻撃?でした(笑)そりゃ舐められて当然ですよね!

 

だから、やるぞやるぞいいのかといつも言っていますが、まずはなんらかの制限などを掛けたり報復攻撃を実施するなどの具体的行動に移す必要があると思います。

 

毎回相手のことを考えすぎではないかと思います。もしかしたら、アメリカあたりから、折れろと言われているのかもしれませんが、にしても弱腰と言われても仕方ない対応?いや。対応なんてしたことないですよね。遺憾ばかりですから。本当に歯がゆくなります!

 

韓国とは経済の関係も少ないので、経済制裁をしても影響は少ないですし、日本の切れるカードは本当にたくさんあると思います。

 ここらで、しっかり意思を見せて欲しいと思います。大使召還などしていますが、そんなものより、ノービザの廃止などの入国制限、半導体部品の輸出禁止など、経済的な制限を掛けるだけで、十分効果はあると思います。

 

さらに考えておきたいのは、壱岐対馬の防衛力の強化をしておかないと、朝鮮半島が北朝鮮と中国の支配下に入るということも想定しておかないといけないと思います。

 今も半分以上韓国は北朝鮮の支配下に入りつつある状態だと思いますが、この辺りの対策は取れているのでしょうか?少々気になるところです。





 

まとめ

 

今回の、ニュースは改めて日本に近隣諸国との関係に関して考えさせられる件だったと思います。もちろん、まだ解決していませんが、今までのような対応でなくしっかりとした対応をしないと、ロシア、中国とその対応を見られていると思います。

 

冷戦が終わったといいますが、極東での冷戦は形を変えて現在も残っています。むしろ、脅威は以前より増していると思いますので、

我々ももっと現実をしらなければならないと常に思います。

 

政府も極東に友好国はないということを自覚して、戦略の練り直しをして欲しいと思います。








-ニュース
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© セミリタイアするチワワ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.