転職

【限界説】40代での転職のリアルを公開【嘘とホンネ】





転職が以前と比べハードルが低くなったとはいえ、まだ30代後半、40代での転職は厳しいと感じている方も多いと思います。

今回は40代での転職について本当はどうなんだという事を話していきたいと思います。

これから転職を考えている方

40代、50代で異業種へ転職を考えている方の

参考になればと思っています。

40代で転職が難しい理由はこれが原因

企業のホンネは、転職は30代までの理由

転職をこれまで3回してきた私が感じた事ですが、やはり30代までは様々な業種での転職先があります。

ですから、異業種へ転職するのにも比較的にハードルが低いと思っています。私の先輩でアパレル販売員からIT企業へ転職した先輩がいましたが、やはり30前に転職した感じでした。

企業としても、第二新卒の延長として30代未満は採用しているところが多いため、異業種での採用も比較的すんなり受かってしまう事実があると思います。

私もアパレル販売員から独立したのも30前でしたので、やはりチャレンジしたりする人も多いのがこの年代だと思います。

企業側としても、新卒で3年で辞める人が多くなりそこの補充の意味も含めていると思っています。

実際に30歳で入社してくる後輩も多かったので、企業側としても時代の流れに合わせて採用活動をしてくるようになったのだと思っています。



30代の転職から変わる年齢制限が項目追加される理由

長期キャリア形成のため、35歳未満の方募集などの記載を見たことがある人も多いと思います。年齢に差こそあれ、基本年齢制限を設けている会社はまだ多いです。

特に大手企業は多いですね。やはり組織的に若年層を集め将来の幹部候補生を育てたいということがあるからだと思います。

ただ逆に年齢制限はなしの企業も格段に増えてきていると思います。企業としても、現在の状況に合わせて採用活動をしているため、企業によって差が出ているのはしたい方はないのだと思います。

ただ転職活動する身としては、やはり名の知れた大手企業が安心感があるため、年齢制限があるとショックを受けるのも事実です。

しかし、ここで諦めないでください。もちろん、確率は低くなりますが、年齢制限があっても応募はしてみる事をお勧めします。企業側としては、常に良い人材を求めているため、多少、年齢制限を越えても採用に至る場合が多いです。

転職エージェントの方もそう話していました。ですから、まずはエントリーをするのを諦めないでください。

事実2000年代の氷河期世代と言われる現在の40歳前後の人がどの企業でも不足しているのは、間違いありません。また、若手の転職も多くなり中間層の人材が不足しているの事実はあります。

ですから、そこを埋める人材を探していない企業はいないのです。だから全然チャンスはある事をまずは覚えておきましょう。



大手よりも中小企業やスタートアップ企業が狙い目

会社で成果が上がらないなどあると、自分はダメだなあと思うことがあるかも知れません。しかし、会社は腐るほどあります。

特に中小企業やスタートアップ企業では、経験者を求めているところが多くあります。そこで今までの経験を生かすことは十分に出来ます。

むしろ大手や組織のしがらみが多いところもあるので、成果を出していたとしても社内政治で負けたり、部署が評価されないなどで不遇な待遇にある場合もあります。

やはりそのまま、過ごすのか、チャレンジするのかは自身で考えてみる事をオススメします。とはいえ、終身雇用もゆらいでいるため、いつ早期退職など話が出てくるかも知れません。

今の会社でいても後10年そのままいることができるかわからないため、時代が変わったということは考えて行動した方がいいと思います。

とかく、高度成長期の価値観でまだ就職を考えている人は多くいると思います。でも、だんだんと転職が増え企業が増え、若く成功する人が増えたりしている状況になっているという時代の変化を考えておく必要はあると思います。



まとめ

40代からの転職を。考える上での基本的な年齢での転職のしやすさについて話してきました。以前と比べて若い人でもすぐに転職をする人が増えてきた気がします。

そして40代での転職も転職サイトも増え当たり前になりつつあります。転職をするためには、自身にどこに行っても通じる能力やスキルを、持つことも大切ですし、自分なら大丈夫という気持ちを持つことも大切だと思っています。







-転職
-, , , , , , ,

Copyright© セミリタイアするチワワ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.